二ヶ領用水宿河原の桜 散歩
(宿河原~武蔵溝ノ口)

宿河原駅(JR南武線)~二ヶ領用水~溝口神社~武蔵溝ノ口駅(JR南武線)

mark二ヶ領用水(にかりょうようすい)
宿河原駅
宿河原駅
長尾の里めぐりコース
長尾の里めぐりコース

宿河原堤の桜
宿河原堤の桜
宿河原堤の桜
宿河原堤の桜

 用水沿いの桜は昭和33年(1958)、地元有志の手で植えられた。今では宿河原の取入れ口からおよそ3km、両岸に続く四百本あまりの桜並木が保存会の人々により守られている。

緑橋から眺める満開の桜
緑橋から眺める満開の桜

 水辺の環境や散策路が整備されているので、階段護岸から水辺に降りて、水に触れて楽しむことができる。

記念碑「桜」
記念碑「桜」
手摺強度大賞碑
手摺強度大賞碑

 仲乃橋近くに、宿河原堤桜保存会の記念碑「桜」と、平成17年(2005)には国土交通省から大賞部門で表彰された「手づり郷土大賞碑」が建っている。

二ヶ領用水
二ヶ領用水
満開の桜
満開の桜

 二ヶ領用水は全長32km、60カ村の水田2007町歩をうるおした、県内でもっとも古い人工用水である。徳川家康に登用された代官小泉次太夫が、慶長2年(1597)から1611年までの年月をかけて完成させた。その後伊奈忠治、田中丘隅によって整備・改修が行われた。

八幡下圦樋
八幡下圦樋
五ケ村堀と八幡下の堰
五ケ村堀と八幡下の堰
 八幡下圦樋(はちまんしたいりひ)とはこの二ヶ領用水の水を堰止め調整したものである。当時の工事請負人関山五郎右衛門という人により明治四十三年四月に完成した。
 その昔(年号不明)、現在の宿河原二丁目二十四番地(宿河原幼稚園)附近を起点に東は高津区宇奈根まで多摩川の旧堤防が築かれていたが、洪水により下流の水害を防ぐためにここに圦樋を造り、その上流三十米の八幡堀より多摩川に放流して水を調整したものである。(説明板より)

 五ケ村堀は、この地点で本用水と立体交差をし、堰方面の田畑を潤す。北原白秋の多摩川音頭で有名な「堰の長池」から多摩川に通じ、排水路の役割を果たした。

宿之島橋の桜
宿之島橋の桜
上宿地蔵尊
上宿地蔵尊

満開の桜の下で花見
満開の桜の下で花見

宿河原堤の桜
2019.4.4 宿河原堤の桜
youtube

稲荷橋付近の桜
稲荷橋付近の桜
稲荷橋付近の桜
稲荷橋付近の桜

稲荷神社
稲荷神社
枝垂れ桜
枝垂れ桜

徒然草第百十五段石碑
徒然草第百十五段石碑
説明板
説明板
 この石碑に刻まれたいる物語は、我が国古典の代表的なづ随筆作品といわれる『徒然草』の第百十五段だある。「宿河原しゆくがはらといふ所にて・・・」という書き出しで始まる。(説明板より)

久地さくら緑地
久地さくら緑地

 今日は近くの幼稚園児が仲良く散歩していた。

久地円筒分水
久地円筒分水

 分水装置は、送水されてくる流量が変わっても分水比が変わらない定比例分水装置の一種で昭和16年(1941)に造られた。久地円筒分水により根方堀、川崎堀、六ヶ村堀、久地・二子堀の4方向へ、一定の比率で正確に分水された。

二ヶ領用水堰堤
二ヶ領用水堰堤
平瀬川
平瀬川

3方向への分水
3方向への分水
円筒分水横の桜
円筒分水横の桜

一番大きな川崎堀の分水
一番大きな川崎堀の分水
川崎堀の分水
川崎堀の分水

久地神社 鳥居
久地神社 鳥居
久地神社 社殿
久地神社 社殿

 神社の創立年代は定かではないが、風土記には「赤城社、村の南の丘にあり、此所鎮守にり。社二間に一間半東南向、前に石段あり、木の鳥居を立てり。祭礼6月19日、村内浄元寺持」と記されている。現社殿は、昭和41年(1966)10月に再建されたものである。

関連ページ(ソメイヨシノの名所)

大岡川プロムナード
2017.4.13
大岡川プロムナード
小田原城址公園
2019.4.6
小田原城址公園
水無川河畔
2019.4.13
水無川河畔
mark溝口神社(みぞのくちじんじゃ)
大鳥居
大鳥居
溝口神社
溝口神社

拝殿
拝殿

 溝口神社の創建年代等は不詳ながら赤城神社と称して溝の口村の鎮守社だったといい、明治維新後、伊勢皇大神宮よりから分霊を勧請して祭神を天照皇大神に改めて、溝口神社と改称した。

本殿
本殿
稲荷社
稲荷社

親楠
親楠
子楠
子楠

 親楠は推定樹齢300年以上と云われる、溝口神社御神木の一柱である。親楠の名称は、この楠の種子が境内に散布し、子楠の誕生を齎したことに由来する。
 子楠は親子の関係があることから、子楠と親しまれ、子供の成長を見守る御神徳があると云われている。

map 東高根森林公園周辺 ウォーキングマップ

関連ページ(宿河原駅)

関連ページ(武蔵溝ノ口駅)

週末ウォーキング