順礼峠から飯山観音へ
(馬場リハビリ入口~飯盛山)

馬場リハビリ入口バス停(神奈中バス)~七沢森林公園~順礼峠~白山~飯山観音~飯盛山バス停(神奈中バス)~厚木飯山あやめの里
mark七沢森林公園(ななさわしんりんこうえん)

 小田急愛甲石田駅からの路線バスに乗込み約30分で馬場リハビリ入口バス停に着く。ここから坂道を少し登り、県立七沢森林公園の中央口から入る。

森のかけはし
森のかけはし
中央口
中央口

 七沢森林公園(公園50選)は最大規模の都市公園で、樹林地を縫うようにして散歩路があり、野鳥や小動物の観察が出来るだけでなく、丹沢大山や遠く相模湾も楽しめる。おおやま広場、バーベキュー場、ピクニック広場、野外ステージなどがある。

シャクナゲ園
シャクナゲ園(花の名所100選)(5月初旬)

 おおやま広場に隣接する場所にシャクナゲ園がある。
 シャクナゲは園芸品種。そのルーツは中国雲南省やヒマラヤに求められる。かつて現地に入ったプラントハンターの手を経て、英国に運ばれた花は次々と交雑種が作られ育まれて、今日の華麗な西洋シャクナゲが生まれたもの。シャクナゲ園を中心として約90種、9000本余りの大輪が、種類ごとにピンク、レッド、パープルなどの色模様を見せながら4月中旬~5月上旬頃まで楽しむことができる。

シャクナゲ
シャクナゲ
シャクナゲ
シャクナゲ

シャクナゲ
シャクナゲ
ブルー・ピーター
ブルー・ピーター

シャクナゲ
2016.5.3 七沢森林公園(シャクナゲ)
youtube

おおやま広場
おおやま広場
散歩路
散歩路

 おおやま広場は雄大な景色をながめなられるこの広場は、休憩やお弁当にはお勧めポイントである。

バーベキュー場
バーベキュー場
ピクニック広場
ピクニック広場

 ながめの良い場所に25サイトのバーベキュー設備があり、手ぶらで来て気楽に食事することができる。

ホオノキの花
ホオノキの花
野外ステージ
野外ステージ

 ホオノキの花は、山地に生える落葉樹で高さ20~30mになる。枝先に帯黄白色、径15cmほどの芳香のある花を上向きに開く。

寸草亭
寸草亭
森の民話館
森の民話館

 寸草亭は、かわいらしい丸みのある屋根の休憩場所である。
 森の民話館は、"民話の語り"や"わらべうた"など懐かしい雰囲気をかもしだすイベントが開催されている。

mark順礼峠(じゅんれいとうげ)

 七沢森林公園の野外ステージ、ながめの丘を通り過ぎるとの順礼峠(古道50選)に出る。すれ違う人も少なく、静かな山道である。ただ、「スズメバチに注意!」の立札が気にかかった。
 順札峠(自然)は、かつての飯山観音への巡礼道。峠の大きな「すわり地蔵」やふもとの「いいやまみち」と石に彫られた道標に、当時の巡礼姿をしのぶことができる。

すわり地蔵
すわり地蔵
順礼峠のみち
物見峠

 峰岸の集落を抜けると、道が急坂となる。杉、竹が頭上を覆い、昼でも暗い感じ。よく整備され、踏まれている峠道。あたりが雑木林になると、坂も緩やかになって明るい日差しの峠に立つ。静かな順礼峠である。ひときわ大きな、石のすわり地蔵が目につく。近くに馬頭観音や供養塔が寂しく立っている。東に峠を越えれば上古沢。北の尾根には白山に登るハイキングコース。南には七沢森林公園への道が分かれる。ここは昔、日向薬師と坂東六番の観音札所として栄えた飯山観音を結ぶ峠道。峠の西の集落・峰岸には、飯山と日向を示す古い道標が路傍に残されている。飯山観音にお参りする順礼でにぎわった峠から順礼峠と呼ばれるようになった。この道は順礼道ともいい、特に厚木からの道は多くの人々によって往来された。
 小田原の北条氏は、東丹沢の良木とともに煤ケ谷の木炭を小田原へと運びだした。江戸幕府となってからは、良木のある東丹沢全域を官有林とし、厳しい監視の中におかれた。御用木は東丹沢の札掛から一ノ沢峠と物見峠の二つの峠を越えて煤ケ谷に運びだされた。良材であっただけに盗伐も多く、幕府は監視にかなりの力を注いだ。巡視にはよく村人がかりだされた。当時の物見峠越えは、原生林と渓谷の難所だった。

mark白山(はくさん)

 順礼峠からは尾根伝いの竹ヤブの道が続く。そして、清川カントリークラブの上の物見峠を通り、飯山白山森林公園の白山展望台に着いた。ここで厚木市内を眺めながら、しばらくの間休憩をとる。

白山展望台
白山展望台
白山山頂
白山山頂(自然)

 東丹沢を流れる中津川の支流に小鮎川がある。源流は八菅修験の「奥駈けの行場」で知られる三峰山。その小鮎川が途中で一つの山のため北に大きくう回する。川の流れを変えている山が白山。昔は印山や井山とも呼ばれていた。
 昔、この山には飯山観音の化身である白龍が住んでいた。干ばつが続くと、白龍はよく水を求めて舞いだした。やがて三日三晩、雷鳴とともに大雨が降ったという。地元の自龍太鼓は、この伝承を太鼓芸化したものである。

mark飯山観音(いいやまかんのん)

 白山展望台から急な階段を下ると、桜の名所で知られている飯山観音の裏手に着く。春になると、公園内の桜3000本がいっせいにほころび見事な景観になる。

銅鐘
銅鐘
景勝50選の石碑
景勝50選の石碑

 嘉吉2年(1442)清原国光作の銅鐘がかけてある。

イヌマキ
イヌマキ(名木100選)
小鮎川
小鮎川

 小鮎川は、宮ヶ瀬ダム付近の七沢山中に源を発し、曲流した後、東に向かい厚木市北部で荻野川を合わせ、中津川とともに相模川に合流する。

飯山観音
飯山観音(景勝50選)(4月初旬)

 庫裏橋を渡りなだらかな坂道を400mほど進むと、桜並木のある石段下にたどり着く。ここが坂東三十三所観音霊場6番札所の飯上山長谷寺(真言宗)である。通常飯山観音の名で親しまれている。本堂に向かうと、右手にイヌマキの大樹や「正徳(1711)年」の銘をもった六地蔵がある。さらに進むと新しい石灯籠が並ぶ。正面の方形造の本堂は江戸中期の建物であり、堂内には鎌倉期の諸仏像がまつられている。

小鮎川での白龍の舞
2008.4.6 あつぎ飯山桜まつり(白龍の舞)
youtube

桜まつり
桜まつり
桜まつり会場
桜まつり会場

桜まつり
桜まつり(花の名所100選)
桜まつり会場
桜まつり会場

さくら輿の皆さん
さくら輿の皆さん

小鮎川に描かれた飯山の七不思議の絵
小鮎川に描かれた飯山の七不思議の絵
白山池の霊水(白龍伝説)
白山池の霊水(白龍伝説)

恩曽川の片葉の葦
恩曽川の片葉の葦
弘徳寺の袈裟掛けの松
弘徳寺の袈裟掛けの松

千ヶ沢の貝殻石
千ヶ沢の貝殻石
久保の万年橋
久保の万年橋

亀甲の松
亀甲の松
弘法の米とぎ水
弘法の米とぎ水

mark厚木飯山あやめの里(あつぎいいやまあやめのさと)

 小鮎久保バス停から久保橋へ向かうと、橋を越えた左手に厚木飯山あやめの里がある。ここには、休耕田に約60種1万株のハナショウブが咲いている。

厚木飯山あやめの里
厚木飯山あやめの里のハナショウブ(花の名所100選)

ハナショウブ
ハナショウブ
あやめまつり会場
あやめまつり会場

⇒ 七沢森林公園周辺 ウォーキングマップ