ニコライ堂~湯島聖堂~神田明神~湯島天神
(水道橋~湯島)

水道橋駅(JR総武線)~ニコライ堂~お茶の水~湯島聖堂~神田明神~湯島天神~湯島駅(地下鉄千代田線)
markニコライ堂(ニコライどう)
ニコライ堂
ニコライ堂(国重要文化財)

 正しくは日本ハリストス正教会復活大聖堂といい、文久元年(1861)、函館のロシア領事館司祭として来日した、ギリシア正教会大主教イヴァーン・ドミートリエヴィチ・カサートキン(修道名=ニコライ)が、明治17年(1884)に駿河台火消屋敷跡に建設を始め、明治24年(1891)に完成させた。ロシア人シチュールポフの設計で、日本における西洋建築の草分けといわれるイギリス人ジョサイア・コンドルの工事監督になるものであったが、関東大震災で被災し、昭和4年(1929)に修復された。

markお茶の水(おちゃのみず)
JR御茶ノ水駅
JR御茶ノ水駅
お茶の水記念碑
お茶の水記念碑

 将軍家御用のお茶用に献上されたのが、お茶の水の由来である。その井戸は高林寺が駒込に移転した後も残っていたが、寛文元年(1661)、幕府の命で伊達綱宗(伊達政宗の孫)が船運水利のために神田川の拡張工事を完成さたことなどで川底に没し、現在でその地名を残すのみとなった。
 御茶ノ水駅西口を出ると、駅前派出所のわきに お茶の水記念碑がある。かって順天堂病院のあたりにあった高林寺の境内に名水が涌き、二代将軍徳川秀忠が鷹狩りの帰りに立ち寄ってお茶を飲んだこともあった。

神田川
神田川

 渓谷風の景観をなしている。対岸を湯島台、手前を駿河台というが、もとは神田山と呼ばれるひと続きの丘陵であった。慶長8年(1603)征夷大将軍となった徳川家康は、神田山の南を切り崩し、前島の洲崎を埋め立てて町屋を達成した。その後、元和2年(1616)に神田山西麓を流れて平川(現在の日本橋川)に合流する小石川・江戸川の治水対策と、江戸城北部の防備強化のために、平川の三崎町と堀留(九段中坂下)間を閉塞し、三崎橋から流れを東に導き、水道橋一お茶の水橋一万世橋一和泉橋一浅草橋一隅田川に至る堀割の神田川を開削した。

聖橋
聖橋
相生坂(昌平坂)
相生坂(昌平坂)

 お茶の水橋の下流に見えるアーチ橋が 聖橋である。大正12年(1923)の関東大震災後の帝都復興事業の一環として、昭和21年(1927)に完成され、湯島台側の湯島聖堂と駿河台側の ニコライ堂を結んでいることから、聖橋と名づけられた。
 神田川対岸の駿河台の淡路坂と並ぶ 相生坂という。『東京案内』に、「元禄以来聖堂のありたる地なり、南神田川に沿いて東より西に上る坂を相生坂といい、相生坂より聖堂の東に沿いて、湯島坂に出るものを 昌平坂という。

mark湯島聖堂(ゆしませいどう)
楷樹(カイノキ)
楷樹(カイノキ)

 楷は中国曲阜にある 孔子の墓所に植えられている名木で初め子貢が植えたと伝えられ、今日まで植え継がれてきている。枝や葉が整然としているので、書道でいう楷書の語源ともなったといわれている。わが国に渡来したのは、大正4年(1915)、林学博士 白澤保美氏が曲阜から種子を持ち帰り、東京目黒の農商務省林業試験場で苗に仕立てたのが最初である。

仰高門
仰高門
入徳門
入徳門

 湯島聖堂は天災、人災に幾たびかあい、江戸時代の建築物として残るものは寛政11年(1799)10月、十一代将軍徳川家斉が明制にならって改築した「入徳門」と左右の塀と水屋のみである。

世界最大の孔子像
世界最大の孔子像
孔子銅像建立ノ記
孔子銅像建立ノ記

 孔子は中国の春秋時代の人で儒家の祖。仁の徳による政治を唱えた。「論語」は 孔子の言行録をまとめたものである。15歳で学問を志し、やがて魯に仕えて国政にかかわった。孔子の助言で魯の政治は安定したものの、その後、用いられなくなったために魯を去り、14年間にわたって衛、陣、鄭と諸国を放浪。69歳の時に魯に戻り、以降は弟子の教育と著述に専念した、弟子の数は3000人にもなったという。

杏壇門
杏壇門

 湯島聖堂は再三火災にあい、その度に再建されてきた。現在の建物は、関東大震災で 入徳門・水屋を除いて類焼し、昭和10年(1935)にコンクリート造で再建されたものであるが、寛政11年(1799)十一代将軍家斉が、明制にならって、黒漆を塗り、屋根に銅瓦をふいた荘重な様式を踏襲している。仰高門から入徳門へとすすみ、石段をのぼって杏壇門を入ると、東西に石畳を敷き詰めた回廊があり、正面に大成殿がある。

大成殿(孔子廟)
大成殿(孔子廟)(国史跡)

 好学で知られる五代将軍徳川綱吉(1646~1709)は、廟地が狭いうえ、寺院にも隣接しているのを嫌い、同時に幕府の力でより大きな孔子廟を営もうと、湯島への移転を命じた。大成殿と付属施設からなる壮大な聖堂を中心に、西側一帯(現在の東京医科歯科大学)には御成御殿や学寮を設け、林信篤を大学頭に任じ、幕府官学の拠点にふさわしい規模とした。綱吉自筆の「大成殿」の扁額を掲げ、自ら経義を講じたほどであった。
 その後、儒学各派の発展によって、朱子学は衰退気味となっていたが、寛政2年(1790)、武士の学問を重視した老中松平定信は、儒学のなかで朱子学を正学とし、他の学派を異学とする寛政異学の禁を定めて、朱子学の振興をはかった。柴野栗山・岡田寒泉ら林家の系統以外の学者を教官に登用し、寛政9年(1797)には聖堂西隣に学寮・宿舎を建てるなど、施設の整備拡充をはかり、幕府の正式の学校とした。やがて昌平坂学問所と名づけられ、直参の子弟のほか、諸藩の俊才が青雲の志を抱いて集まる最高の学府となった。

鬼犾頭(上部左端)
鬼犾頭(上部左端)
鬼犾頭(上部右端)
鬼犾頭(上部右端)

 大成殿の屋根は、入母屋造の銅本丸茸で、大横の両端には魔除けの青銅製 鬼犾頭が、下り棟と隅棟には 鬼竜子が置いてある。

鬼竜子(下部左端)
鬼竜子(下部左端)
鬼竜子(下部右端)
鬼竜子(下部右端)

mark神田明神(かんだみょうじん)

 相生坂の左側、 湯島聖堂の敷地の東南隅に古蹟昌平坂と刻まれた石標がある。五代将軍徳川綱吉の命名した 昌平坂は、相生坂から北の 神田明神にむかう坂道であったが、老中松平定信の聖堂の整備拡張によって敷地内に囲い込まれ、消失してしまったことを示している。この石標から聖堂の東側の塀に沿って坂道をのぼり、本郷通りの湯島坂を左折すると、右側に 神田明神で親しまれている神田神社がある。

鳥居
鳥居
だいこく様尊像
だいこく様尊像

 石造では日本一の大きさを誇るだいこく様尊像は、昭和51年(1976)建立した。

随身門
随身門

 昭和51年(1976)に建立された総檜・入母屋造である。外側正面に隨神像(櫛磐間戸神・豊磐間戸神)を配し、各所に「因幡の神話」や四神(玄武・ 朱雀・白虎・青龍)、平将門公ゆかりの繋ぎ馬の彫刻がちりばめられている。

櫛磐間戸神(左)
櫛磐間戸神(左)
豊磐間戸神(右)
豊磐間戸神(右)
玄武の彫刻
玄武の彫刻
朱雀の彫刻
朱雀の彫刻

2017.5.14 神田祭 神輿宮入youtube

 江戸時代には、江戸の総鎮守として将軍家の崇敬をうけ、その神田祭は盛大をきわめ、日枝神社の山王祭とともに将軍の観覧に供せられたので、天下祭りとも称された。騎馬の社家と神輿2基を中心とする長い行列に、意匠をこらした山車36基が随行し、さらに付祭と呼ばれる歌舞の列が伴い、田安門から江戸城内に繰り込んだ。しかし、明治新政府は、将門を逆賊として祭神からはずし、大洗磯前神社(茨城県)から小彦名命の分霊を迎えいれた。これとともに江戸時代の祭礼が否定されたので、やむなく町神輿をかつぐ形に変化した。

銭形平次の碑
銭形平次の碑
えびす様尊像
えびす様尊像

 銭形の平次は野村胡堂の名作「銭形平次物語」の主人公である。平次の住居は、 明神下の元の台所町としうことになっている。銭形平次の碑は、昭和45年(1945)12月有志の作家と出版社とが発起人となり、緑りの明神下を見下ろす地に建立された。
 えびす様尊像は、波間より魚たちとともにいらっしゃるめずらしい像。平成17年(2005)に建立された。

社殿
社殿

 社殿の創建は古く、天平2年(730)といわれる。祭神は大己貴命(大国主命)であるが、12世紀初頭に、現在の皇居に居館を設けた江戸氏の氏神と伝えられる江戸大明神を合祀した。さらに朝敵の汚名をきせられながらも坂東の民衆に敬愛されてきた平将門の霊を、いつしか境内鎮守の明神として祀るようになり、江戸の産土神・氏神として代々の領主や民衆に信仰されるようになった。

末廣稲荷神社
末廣稲荷神社
三宿稲荷・金刀比羅神社
三宿稲荷・金刀比羅神社

 末廣稲荷神社の創建の年代は不詳であるが、元和2年(1616)頃のもので、極めて古い神社である。昔より、庶民信仰が篤く、霊験あらたかな出世稲荷さまとして尊崇されている。現社殿は、昭和42年(1966)2月28日に再建された。
 三宿稲荷は、内神田司の守護神として奉斉されていた。その後、当社十二代神主・芝崎美作守の邸内に祀られていた内山稲荷と合祀され、当社の末社として奉斎された。金刀羅大神と共に御鎮座された。
 金刀比羅神社は、隅田川の船人たちの守護神として信仰され、その後、町の発展と共に商家、特に飲食業や遊芸を職とする人々の厚い信仰を集めた。

力石(大盤石)
力石(大盤石)
角田竹冷の句碑
角田竹冷の句碑

 境内にある「力石」は、江戸東京の若者達の生活と娯楽の一端を知る上で貴重な資料である。
 角田竹冷は本名を真平といい、正岡子規の日本派とともに、俳句革新運動の一勢力をなした時もあった。
  俳句
  白うをや はばかりながら 江戸の水

大伝馬町八雲神社(三天王 二の宮)
大伝馬町八雲神社(三天王 二の宮)
国学発祥の碑
国学発祥の碑

 八雲神社は江戸時代以前に祀られていたと伝えられる。三天王の二の宮の天王祭は、6月5日明神境内を発興し、氏子中を神幸し大伝馬町の御仮屋へ渡御して8日に還興していた。
 国学は、荷田春満により江戸において始められた学問である。碑は荷田春満・賀茂真淵そして神田明神神主家の芝崎好高による国学の発祥を記念して、昭和53年(1978)12月に建立された

mark湯島天神(ゆしまてんじん)
梅まつり
梅まつり
本殿と梅
本殿と梅

 湯島天神は江戸時代より「梅の名所」として親しまれ、白梅を中心に約300本もの梅が咲き誇る。また、幕府公認の富くじが江戸時代の中頃からこの境内で興行されるようになると、神田・日本橋に近いこともあって一年中非常なにぎわいぶりであったという。

白梅
白梅
白梅
白梅

枝垂れ梅
枝垂れ梅

2017.2.12 湯島天神 梅まつり(白梅太鼓)youtube

東京大衆歌謡楽団(昭和初期懐メロ)
東京大衆歌謡楽団(昭和初期懐メロ)
一龍斎貞橘(講談)
一龍斎貞橘(講談)

 第60回梅まつり期間中、奉納演芸として「東京大衆歌謡楽団の昭和初期懐メロ」「一龍斎貞橘の講談」「湯島天神太鼓保存会の白梅太鼓」など、さまざまなイベントが開催されている。

菊まつり
菊まつり

 湯島天神の祭神は菅原道真で、縁起によると、南北朝時代の文和4年(1355)に、湯島の郷民が悪夢をみて、古松の下に祀ったのが始まりで、文明10年(1478)に大田道灌が京の北野天満宮を勧請し、荒廃した社殿を再興したと伝える。

盆養-管物(管咲き)
盆養-管物(管咲き)
盆養-管物(管咲き)
盆養-管物(管咲き)

 花弁が管状になっているためこの名で呼ばれ、花弁の大きさによって太管(3~5mm)、間管(2~3mm)、細管(1~2mm)、針管(1mm以下)に分けられる。花の中心部が茶筅状と盃状になるタイプがあり、品種の特徴が表れていることが求められる。外側に長い走り弁があり、花芯を囲んで段々になる抱え弁の先端が固く玉巻きになっている繊細な美しさが命である。

盆養-厚走り
盆養-厚走り
盆養-厚走り
盆養-厚走り

 厚物の花の下部に長い花弁(走り弁)が放射状についたもので、走り弁がある分花が大きく見えるので人気がある。走り弁は袋状で先が尖ったものを剣走りと呼び、良い花とされている。

千本咲
千本咲
千本咲
千本咲

 前年の11月頃から冬至芽を育て、摘芯を繰り返して枝数を増やし、1本の苗から中心の1輪より1段毎に6輪ずつ花を増やし、250~400個の花を咲かせ全体で1厘の花のごとくくみ上げる。沢山の花を、同じ大きさに、同時に咲かせるのが腕の見せ所である。

2009.11.7 湯島天神 菊まつりyoutube

⇒ 御茶ノ水周辺 ウォーキングマップ