二宮町から大磯町を歩く
(二宮~大磯)

二宮駅(JR東海道本線)~吾妻山公園~六所神社~大磯城山公園~鴫立庵~大磯照ケ崎海岸~北浜海岸~大磯駅(JR東海道本線)
mark吾妻山公園(あづまやまこうえん)

 スタート地点の二宮駅南口に「ガラスのうさぎ像」が建っている。少女の胸に父の形見となったガラスのうさぎを抱えている銅像は、見る人に平和の尊さを伝えている。
 吾妻山公園へは、北口から二宮町役場前を通って約5分で公園入口に着く。ここから山頂まで、勾配の急な階段約300段がとても辛く、ほとんどの方は何度も休憩しながら登っていた。階段の途中には、休憩用のベンチがあり、マイペースで登ることができる。

ガラスのうさぎ像
ガラスのうさぎ像
吾妻山公園の登り階段
吾妻山公園の登り階段

 太平洋戦争終結直前の時、目の前で父を失った12歳の少女が、その悲しみを乗り越え、けなげに生き抜く姿を描いた戦争体験記「ガラスのうさぎ」は、国民の心に深い感動を呼び起こし、戦争の悲惨さを強く印象づけた。

浅間神社
浅間神社
登り階段途中のスイセン
登り階段途中のスイセン

 浅間神社の祭神は木花咲耶媛、二宮町上町地区の祭神で土地の人には、浅間さんとして親しまれ本社は富士浅間神社である。 今からおよそ800年の昔、源頼朝が富士の巻狩りを催した時、曽我兄弟は父の仇、工藤祐経を討取った。この時姉の二宮の花月尼は、その成功を富士浅間神社に祈った。花月尼は大願成就に感謝の意をこめて自分の住まいの前のこの山上に、浅間神社をまつったと言われている。

吾妻山公園の由来の石碑
吾妻山公園の由来の石碑
大磯ロングビーチ方面の眺望
大磯ロングビーチ方面の眺望

 「吾妻山 菜の花ウォッチング」というイベント開催中のこの日、頂上の展望台や芝生広場は大勢の花見客やカメラマンでにぎわっていた。満開の菜の花と真白い富士山の写真を撮る人の多いこと!園内には「ローラー滑り台」や「フィールドアスレチック」など、家族連れで楽しめる施設もある。

朝早く集まったカメラマン(吾妻山公園)
2009.1.17 吾妻山 富士と菜の花
youtube

満開の菜の花と富士山
満開の菜の花と富士山

 関東の富士見百選の吾妻山公園は、箱根・丹沢・富士山はじめ360度の大パノラマ。4月のサクラ、4月下旬~5月上旬のツツジ、8月のコスモス、1月~2月の菜の花など、四季折々の花の名所でも知られる。

菜の花と富士山
菜の花と富士山
花見に訪れていた観光客
花見に訪れていた観光客

カメラマン
カメラマン
芝生広場
芝生広場

mark六所神社(ろくしょじんじゃ)

 吾妻山公園から一旦、二宮駅に戻り、国道1号線で大磯方面に向って歩き、二宮駅から六所神社まで、約30分で着いた。ここ六所神社からは、平安時代の男女神像(1本造りで彫眼、彩色仕上げで、見事な背刳りの立像)が発見されている。

六所神社
六所神社
宝積院とカヤの古木
宝積院とカヤの古木

 崇神天皇の御代の創建。当初は石神台に祭られていたが、奈良時代のはじめ養老2年(718)に現在地に遷ったと伝える古社で柳田大明神とも言われる。相模国一宮(寒川神社)から4之宮、平塚八幡宮の五社の分霊と主祭神である柳田大明神を併せて祀り、相模国総社「六所神社」とされる。
 六所神社手前にある宝積院は、奈良時代、僧行基の創建と伝えるお寺で、境内のカヤは樹齢300年以上、直径20mにおよぶ傘形の樹冠を形成する大木である。

国府本郷の一里塚
国府本郷の一里塚
説明板
説明板

 国府本郷に入ると、東海道の記憶を伝える「 国府本郷の一里塚」が標識がある。この一里塚は、日本橋から17番目と数えられる。(実際はここより約200m江戸寄りに位置して、東海道をはさんで左右一対が存在していたといわれている)。

mark大磯城山公園(おおいそじょうやまこうえん)
大磯城山公園(ふれあいの広場)
大磯城山公園(ふれあいの広場)
大磯町郷土資料館
大磯町郷土資料館

 中世の小磯城跡一帯を整備した大磯城山公園(公園50選)。横穴古墳群、大磯町郷土資料館 、展望台、小淘綾の滝(こゆるぎのたき)、ふれあいの広場、もみじの広場、茶室「城山庵」などがある。
 かってこの地にあった旧三井邸城山荘をモチーフにした大磯町郷土資料館は、「湘南の丘陵と海」をテーマに、地域の歴史、文化、自然に関する資料を集め、展示・公開している。

茶室「城山庵」
茶室「城山庵」
展望台
展望台

 茶室「城山庵」は三井家の草庵式茶室として、大磯の別荘に置かれていた国宝「如庵」を模して、平成2年(1990)3月に落成したものである。

mark旧吉田茂邸 (きゅうよしだしげるてい)
旧吉田茂邸
旧吉田茂邸

 旧吉田茂邸は戦後の内閣総理大臣を務めた吉田茂が暮らしていた邸宅で、もとは明治17年(1884)に吉田茂の養父・吉田健三が大磯の土地を購入し、その地に別荘を建てたのがはじまりで、養父亡きあと財産の一部として吉田茂が邸宅を引き継いた。昭和20年(1945)より吉田は大磯の邸宅を本邸とし、晩年をこの地で過ごした。

mark明治記念大磯邸園 (めいじきねんおおいそていえん)
旧大隈重信邸
旧大隈重信邸

 大隈重信は、佐賀藩主の長男として生まれた。地元で儒学、国学、蘭学、英語などを学んだ後は、京や長崎で尊攘運動に身を投じた。新政府では参議大蔵卿となる。木戸孝允と結び、若手官僚の幹部となった大隈は、地租改正などの改革を担当し、殖産興業を推進した。また酒造税を増徴し、官営工場を払い下げる方針を決定した。明治15年(1882)、東京専門学校(現、早稲田大学)を設立したことでも知られている。

mark東海道松並木(とうかいどうすぎなみき)

 大磯中学校付近の国道沿いには、今も立派な松並木が残っている。江戸時代、幕府は東海道を整備して松並木、一里塚、宿場を設け、交通の便をよくしたもので、参勤交代や行商、お伊勢参りなどに広く利用されたものである。

東海道松並木
東海道松並木
東海道松並木
東海道松並木

mark鴫立庵(しぎたつあん)

 鴫立沢交差点近くに、大磯の名所「鴫立庵」がある。中には、墓碑・句碑・記念碑などが多く建ち並んでいる。鴫立庵室の隣の俳諧道場は、明治2年(1765)三千風入庵後約70年を経て、三世鳥酔が庵の再興時、増築したものといわれている。

鴫立庵
鴫立庵
俳諧道場
俳諧道場

 西行法師の歌で名高い鴫立沢に、寛文4年(1664)小田原の崇雪が草庵を結んだのが始まりで、元禄8年(1695)俳人の大淀三千風が入庵し、第1世庵主となる。現在は京都の落柿舎、滋賀の無名庵とともに日本三大俳諧道場の一つといわれる。

二十一世 草間時彦句碑
二十一世 草間時彦句碑
松尾芭蕉句碑
松尾芭蕉句碑

mark大磯照ヶ崎海岸(おおいそてるがさきかいがん)

 鴫立庵から、大磯八景の一つ「大磯照ヶ崎海岸」へ向って歩いた。この辺りの大磯(照ヶ崎)海水浴場は、明治18年(1781)にわが国最初の海水浴場として開設されたところ。また、夏に集団飛来するアオバトは緑色のたいへん美しい鳥で、県指定天然記念物になっている。

大磯照ヶ崎海岸
大磯照ヶ崎海岸(日本の渚100選)

北浜海岸の左儀長 (1月中旬)
北浜海岸の左儀長(1月中旬)
ウィンドウサーフィン
ウィンドウサーフィン

 左義長は、高さ8mにもサイト(柴灯)や、豊漁を祈願して海側と浜側に分かれて行われ、綱引きなどの大規模な行事で有名である。
 近くの北浜海岸は、毎年1月中旬に行われる左儀長(かながわのまつり50選)ほか、季節を問わずサーファーでにぎわいを見せることでも良く知られている。

map大磯~二宮周辺 ウォーキングマップ

関連ページ(二宮駅)

関連ページ(大磯駅)

週末ウォーキング